【株 初心者 勉強】投資初心者におすすめテクニカル分析は

おはようございます。

今日は初心者が使いやすいテクニカル分析を紹介します。トレードを始めようと考えてる方は、まずチャートなどを見て思うのが、何を使えばいいのだろうか。テクニカル分析を選ぶ際に種類が多すぎて皆さん迷われると思います。私も投資を始めた時はそうでした。たくさんのテクニカル分析を使えばいいのか、それは違います。テクニカル分析をする時には、いかにシンプルにするかです。確かに色々出すことでトレーダーっぽく見えますが、そのテクニカルを使って勝てないと意味がありません。今日は初心者、上級者にも使いやすいテクニカルを紹介します。

お薦めテクニカル分析は二つ

お薦めテクニカル分析は以下の2つになります。

トレードの基礎でもあるローソク足

ローソク足はチャートの基礎になります。なぜローソク足がチャートの基礎なのか、なぜお薦めなのか。それはローソク足は特定の株価の値動きを表し、リアルタイムの値動きになるのと投資家の考えが反映されてるからです。ローソク足を使った分析方法は、私のブログの最初に記載してありますのでぜひ参考にしてください。

移動平均線

移動平均線は一定期間の終値を平均化した線になります。移動平均線を使った分析方法は移動平均線の向きを見て分析をすることになります。

移動平均線が上を向いてれば上昇の勢いが強い、逆に下を向いてれば下落の勢いの方が強いとなります。

移動平均線は1本ではなく数本組み合わせて使った方がより精度が高まります。(あまり多すぎても混乱するので、私は最大で4本を使います、4本目はほとんど使いません。)

初心者の方は、本当にこの2つだけでいいのかと思うはずです。この2つで大丈夫です。テクニカル分析を使うのはこの2つでいいのですが、すぐにできるようになるのか。それはすぐには無理です。無理な理由は勉強をしていないからです。たくさん勉強をして時々実践の練習も入れていきます。そうすることで日々上達していきます。

上達すればするほどチャート上のローソク足が次どのように出るのかわかるようになっていきます。

個人にお薦めしないやり方が一つあります。それはファンダメンタルズでの分析方法です。ファンダメンタルズをすでにやっている方はご存知だと思いますが、いくら企業の業績が良くても株価が上がらず、下がる時もあります。個人では経済状況、企業の業績を調べるあげるのも無理に近いからです。指標発表などが出た後ではすでに遅いのです。結論ファンダメンタルズで勝つのは非常に難しいのです。

本日はいかがでしたでしょうか。何事にも勉強が必要です。勉強しないで、すぐに勝てるのであれば世界中の人は裕福になってるはずです。まずは勉強をしていき、実践で試して勝てなかったらまた勉強をする。その努力は必ず自身の力になるはずです。

閲覧数:0回0件のコメント