【投資 初心者 勉強】5日線と20日線のはなれで売りを狙う

おはようございます。 皆さんどうでしょうか、なんとなくチャートの動きが理解できてきたと思います。理解できていなくても心配しないでください。繰り返しやることでできるようになります。 それでは、本日の本題5日線と20日線のはなれで売りを狙う方法について解説させていただきます。 ・買いと同様、100日線の位置に注意するべし 売りを狙うパターンも2つです。 パターン1は、上から100日線>20日線>5日線という移動平均線の並びです。典型的な下落トレンドと言っていいでしょう。上昇トレンドで説明したように、下落トレンドでも、はなれ後が売りを仕掛けるポイントになります。図ではAかBがエントリーポイントになります。 100日線が短期線の上にあり、この下落は当分、続くと思われます。



このような移動平均線の並び方では、いきなりの上昇は考えにくく、多少の上昇に慌てることなく、売りを保有していける状況になります。 ・下落トレンド中の一時的な上昇の可能性 続いてパターン2です。こちらもパターン1同様に、はなれ後のAかBで売りエントリーをします。 パターン1との違いは?もうお気づきかと思いますが、100日線の位置です。 パターン2では、100日線の上で5日線、20日線が動いています。下落トレンドであっても、5日線が20日線を抜けば移動平均線の並びは、上から5日線>20日線>100日線となり、上昇に転じてしまう可能性があります。



ここまでトレードで利益を上げる、エントリー方法を解説してきました。トレードも他のものと同じですが、確実に自信があるところを狙っていくのです。 ・実際のチャートを使い見ていきます では、実際のチャートを見てみましょう。 日経225の日足チャートになります。



上昇、下落ともに60日線が100日線を交差する前から、交差して株価が動き出し、はなれ後はトレンドが明瞭になっています。



はなれ後にエントリーすれば、高精度で利益を狙っていけるのです。 本日はいかがでしたでしょうか。少し理解をしても油断をせずに勉強を続けてください。

閲覧数:0回0件のコメント