【投資 初心者 勉強】負けてる時こそチャンスだと思う

おはようございます。

本日は負けている時こそチャンスについてお話しします。初心者の時は特にそうだと思うのですが、トレードで勝つことができない、どのようにすれば勝てるようになるのかなど考えると思います。そのような時に初心者は今使ってるテクニカル分析は結局ダメじゃないか、他に勝てるテクニカル分析があるのではないかと考え、すぐに違う手法に手を出します。ではどうすればいいのか。

負ける場面を減らすこと

この負けることを減らす事とはどういう意味か。それは簡単です、トレードの回数を減らす事です。トレードの回数を減らしたら勝てないではないかと思うかもしれないですが、そこが重要なポイントなのです。トレードをした事のある方でしたら経験はあると思いますが、トレードの回数を増やしたら、勝つ回数は増えたが同時に負ける回数も増えて、結果資金は増えるより減っていることを経験した事があると思います。私も初心者の時はそうでした。

トレードで勝つためにはどこに目を向けるのか

多分大半の人は幾ら勝ったなど、勝ちに着目する方が多いと思います。実際他の投資セミナーなども勝ちを前面にアピールしています。確かにそれも大事な事なのですが、少し視点を変えて負けてるトレードに目を向けることにより、負ける時のトレードがわかるようになります。それができたからって意味あるのと思うと思います。その負けてる時のトレードをしっかりと理解する事により、その場所はトレードを回避することができるようになります。ただしどうしても回避できないところは実際にあります、そのようなところでも損失を少なくできることが可能になります。そのような場所をどのように勉強をすればいいのか?

トレードの記録をつける

これも簡単なことです。負けたトレードの記録をつけることです。記録は自身がわかりやすい方法で構いません。(日記など)初心者の方は勝ち負けは関係なく記録をつけた方がいいです。何故なら自身がしっかり勉強した事が実際のトレードで活かせてるかどうかの復習にもなるのです。そうすることで自分の得意なところと苦手なところも見えてきます。

記録するべきもの:トレードの開始時点の株価、手仕舞い時点の株価、なんで購入したのかなど。

そうする事でまた同じようなところで負けないように勉強をしてトレード技術を向上させることができます。

本日はいかがでしたでしょうか。私も未だにトレード日誌をつけています。そうする事で実際に自身の得意、不得意もわかり。実際に不得意なところは上達してるのかも確認できます。この記録をつけるのは前にお話ししましたアウトプットにもなりますので、ぜひ試してください。

閲覧数:0回0件のコメント