【投資 初心者 勉強】横ばいを観察してエントリーポイントを探る

おはようございます。 本日は転換点について解説していきたいと思います。皆さんは転換点はどのようなところだと思いますか。その転換点はどのようにして特定したらいいのか。そのような所が非常に気になると思います。私も初心者のころに気になっていたのが、そのような所でした。いろんな書籍など読んでも明確にここで転換、ここでエントリーというのが書かれていないのです。今日は転換点でどこでエントリーをするのが一番いいのかを説明していきます。 ・判断しにくい横ばいをチャンスに変える 横ばいに手を出すなと言っても、横ばいになった銘柄は無視。監視銘柄から外すと言ってるのではありません。 反対に、横ばいをチャンスと捉えようではありませんか。もっと言えば、横ばいの銘柄を探してもいいくらいです。 株価は上昇、下落を繰り返します。永遠に横ばいの株価はありません。横ばいから、上昇あるいは下落に動くはずです。 横ばいをチャンスに変えるという意味が分かりましたね。 そうです。横ばいを監視していればトレンド転換の初動が把握できる可能性があるのです。横ばいの銘柄を探し、監視する。そして動きがあれば、移動平均線の動きと合わせてトレンド転換を確認し、エントリーすれば失敗の少ないトレードができるはずです。横ばいが確認できたら、チャンスと思って株価の動きをしっかり観察しましょう。 ・予測通りの動きになるまで待てばいい さて、ここまで理解出来たら、待つ重要性もわかってきたかと思います。株価がどう動くか、判断しにくい所には、罠が潜んでいます。それはどのような罠でしょうか? 罠を仕掛けてくるのは、移動平均線です。くねくね動いて下がるかと思えば上がったり、上がるかと思えば下がったり。。。。 この動きに惑わされて売買してしまうと、とんだ損をしかねません。先ほども言いましたが、皆さんはトレードが大好きです。何もしないで待つ、売買を我慢するというのは苦痛だと思います。移動平均線が右肩上がりを示せば買いたくて仕方ないし、下がれば売りたくてしょうがない。とりあえず、打診で買いをしてみるか、ちょっと売ってみるか、ダメです。それが大きな負けの原因になることもあるのです。トレードを好きな方はこの待てをしっかり身につけてください。 ・トレンド転換と思っても、すぐにトレードをしない 下図を見てください。ここでは、再度、待つポイントを示しておきます。



上図は、上昇トレンドから下落へと株価が動いた局面です。5日線が20日線を割って下に抜けました。上昇から下落にトレンド転換しそうです。ここで「よし、売りだ!」いいえ、ダメですよ。ここは「待て」が正解です。慌てて売って、また上昇するケースがあるからです。もう一度5日線が20日線にぶつかって跳ね返されるまで待ちましょう。 下図は、反対に下落トレンドから上昇へと転換した局面です。ここでも「買いだ」と慌てて買い注文を出してはいけません。まずは「待て」です。5日線が20日線に近づき、再び上昇するポイントまで待ちましょう。



上昇も下落もトレンドが高精度で確認できるところまで、売買をしても安全と思えるところまで、待つクセをつけましょう。 本日はいかがでしたでしょうか。待つことの大切さが理解出来ましたでしょうか?人によってはここまで待ったら、上からの利益が取れないじゃないかなど思う方はいると思います。ただ確かなのは、私がトレードをする中で、初心者の方は、ピンポイントで狙った方が、精神的な余裕が生まれてきます。そうすることで勝ちを引き寄せることが可能になります。勉強をして、上級者になったら転換前からでもエントリーをしてもいいと思います。

閲覧数:0回0件のコメント