【投資 初心者 勉強】株を始めるのに資金はどのくらい必要

おはようございます。

本日は投資を始めるのにいくら必要なのか、資金をどのように集めるのかなどお金のことに関してお話ししていきます。

投資未経験者だと、幾らのお金から投資を始められ、どのようにお金を集めていいのかわからないと思います。すぐにでも投資を始めたいという方は、余剰金ではないお金を投資に回したりして失敗する方が多いと思います。そのためきちんとどこでお金を使えばいいのかを理解しておく必要があります。

・投資を始めるための必要資金

株式投資を始めるときは、元手の資金が必要になります。その資金は幾ら集めればいいのかが、投資を始めようと考えてる段階ではわからず一つの悩みになってると思います。実際に株投資を始めるのに5万円ほどの資金で始めることはできます。ただしこの時に投資ができる銘柄は非常に少なく、他の銘柄でチャンスが来ても買えないという事が起こります。さらに5万円という少ない資金で利益を得ようとしても十分な利益にならないことが大半だと考えておいてください。では実際いくら必要なのか。

・初心者がトレードを始めるなら30万円以上の資金がおすすめ

初心者が投資を始めるには最低30万円以上の資金が一つの目安となります。株を買うときには株価ではなく、株価に購入金額を掛けた金額で買うため、その掛けた金額が必要になってきます。

基本的に株を買う際には、最低単位数が決められており、株を買うための最低購入数が決められています。現在は株の最低購入数は100株単位となっています。(昔は1000株単位でした)それでは30万円でも少ないではないかと思われる方はいると思います。確かに少ないのですが、その時に有効に使えるのが信用取引になってきます。信用取引は自己資金の3.3倍まで増やすことができるのと、売り注文から入れることができます。この3.3倍になることをレバレッジといいます。このレバレッジを活かすことで30万円でもより多くの銘柄から選ぶことができます。

・いきなりに大金を投入しなくてもいい

株を始めるときにいきなり大金を投資しなくてもいい、それはどういう事なのか、さっき言っていた事と違うじゃないかと思われた方がいらっしゃると思います。私も初心者の時はそう思っていました。ではどういう意味なのか。それは初心者の時はトレードに慣れていないため、資金を投資すると失敗する確率が非常に高いです。それなので1000万円あっても勝つことができなければ、資金は減るだけになり、結果0円になってしまうことがあります。そうなってしまうと悪いイメージしか残らずに、投資の世界から退場することになります。そういう事がおきないために資金は少なくてもいいのです。

・資金の集め方

投資資金を確保する際には、まずは貯金になります。それも貯金に余裕があればになります。貯金を全て投資に回してしまうと、急遽お金が必要になった時に使えるお金がなくなり余裕も無くなります。貯金があまりない方はどのようにお金を投資に回すのか。それは簡単です。投資をしなければいいのです。それだとお金が増えないじゃないかという疑問が出てきます。確かにお金は増えませんが、お金が減ることもありません。ではその間何をするのか。それは投資の勉強をするのです。投資の勉強をしているときに自己資金を貯めていき、ある程度自信がついてきた時に貯めていた資金をトレードし始めるのです。この時も貯めたお金を全て投入するのではなく、最小取引で実践の経験を積み勝てる自信がさらについた時に、購入するトレード金額を徐々に増やしていきます。一気にトレードする金額を絶対に増やさないでください。自信があって一気に購入する枚数を増やすと、見えないプレッシャーが増えて判断を誤り負けることになります。

本日はいかがでしたでしょうか。私も初心者の頃この事がわからずにお金を市場に投入して負けを経験しています。

実際のお金をトレードに使う前に、まずは勉強をしてからに必ずしてください。

閲覧数:0回0件のコメント