【投資 初心者 勉強】何故人はトレードで失敗するのか

おはようございます。

先日は上げ下げについてお話しさせていただきました。今後は実際に私が授業で教えることもブログにできるだけ載せて行きたいと思っています。では本日は何故人はトレードで失敗するのかについてお話しします。

・人は何故トレードで失敗するのか

この間ストーリーを立てるということをお話ししました。そのストーリー通りに株価が動いてチャンスだと思うはずです。そこでここはエントリーしたい、しないといけないなど頭の中で声が聞こえてきます。その声が聞こえても自分に待てと声をかけてください。

トレード経験者の方、胸に手を当てて、失敗したトレードを思い出してください。負けた時のことはあまり思い出したくないとは思いますが、このようなことはありませんでしたか。

横ばいが続いて、ボックス圏の中に陽線が並んで立った。これはこの後上昇するはずだぞと買いを入れます。

ここからは続伸だ!2倍になったら利確しようなどと思い、夜が明け、市場がオープンして株価を確認すると、あえなく下落して陰線が出てしまいました。そこからは毎日下がる一方です。(下落に転換してしまう)

そこで買いエントリーする前に、もう1日待てば、本当にトレンドが転換したのかどうか確認できたのに、と思うはずです。

この時の正解は、ボックス圏から上抜けするのを待つことでした。

・何故人は売買の際、待てができないのか?

まずは何故待てなかったのか。その理由の一つとして、このような事があるかもしれません。

明日になってしまうともっと上がってしまう。今買わないと損する!!

さて一体いくら損をするでしょうか?

翌日にいきなりストップ高というのは稀なケースになります。株価1000円が1200円になったとして200円。100株単位なら2万円になります。それではその2万円をどう考えるかになります。損と考えないでください。実際に2万円を損したわけではありません。エントリーしてないのですから、懐は全く傷んでいません。

翌日まで待って、上放れを確認してからでも遅くはなく、2万円の利益を得ることは難しくないでしょう。

ところが、実際に1000円で買って、900円になってしまったら、100円のロスになります。100株買ってたとしたらマイナス1万円になります。先ほどの想像上の2万円の損とは異なり、現物の損、つまりお金が減る(懐が痛む)になります。ここで単純計算をします。2万円の利益を取りに行き、結果1万円の損失を出しました。この後2万円の利益を上げるのにいくら利益を上げないといけないでしょうか?答えは3万円になります。これを理解することで待つ大切さが理解できたと思います。待てないことで大きな損をする事もあります。待つことで必ず、チャンスが回ってきます。その時にチャンスを逃さずに掴み取るのです。

本日はいかがでしたでしょうか。待つ事の大切さを少し理解できたと思います。私も初心者の時はこの待つ事ができずに、エントリーをして失敗することが多かったです。その待つ事をする事で損失が減ると同時に、勝率も上げることに成功しました。人によってはそんなことわかってるよと言われると思いますが、実際に理解するのと、実践でできることは違ってきます。そこで大事になってくるのが勉強になります。

閲覧数:0回0件のコメント