【投資 初心者 勉強】ローソク足の組み合わせ

おはようございます。 以前ローソク足の基本形のお話しをさせていただきました。その時に少しだけ組み合わせもお話ししました。それは包み線、はらみ線の2つになります。本日はその組み合わせをさらにお話しさせていただきます。 ・被せ線(前のローソク足に被さる)



前の大陽線の引け値より高寄りしたものの、引け値では前のローソク足の実体の中に入り込む大陰線。特に前の陽線中心以下での陰線は、それまでの買い勢力が押し戻された。下値への転換となる時が多い。 ・出合い線(終値が合う)



当日の線が上放れ、下放れではじまったものの、大引けでは前日の終値と同じになる。 ・あて首線



安寄りして結果陽線で終わるが、前日のレンジに戻れないもの。 ・入り首線



前日のレンジに食い込むが、前の日の実体の中心よりは下で終わるもの。 ・差し込み線



入り首線の陽線が長いもの。この3つ(あて首、入り首、差し込み)は買いの反撃はここまでということで、戻り売り、更なる売りになる事が多い。 ・切り込み線



前の大陰線の中心を上抜く大陽線となります。被せ線の逆のパターンです。買い勢力が強い、買い転換を暗示する。 ・たすき線



前日の陰線の後高寄りして、前日の高値以上の引け値。または前日の陽線の後安寄りして前日以下になるもの。横ばいの終わりに出たら戸惑いを払拭のサインになる。 ・星



上記は星の基本、下図は星の組み合わせ a.三川宵の明星



b.三川宵の十字星



c.三川宵の流れ星



d.三川明けの明星



大陽線の後の上放れ飛びで小さいローソク足が出た時、もしくは大陰線の後、下放れ飛びで小さいローソク足ができたもの。3つ目が出ることで星から呼び名が三川に変わる。 ・行き違い線



行き違い線は引け値が行き違いになるローソク足。 ・並び赤



並び赤は買いの力が強く飛んだ事。(強いトレンド) ・並び黒



並び黒は売りが強い。買いで持っている場合には手仕舞いが必要。 ・たくり線



寄り付きから安くさらに安くなるが、引けにでは長い下影陽線になる。下落後にこれが出た場合には底になる事が多い。 ・首吊り線 ・トウバ(塔婆)





長期上昇後に、さらに上放れて寄り付くが、今度は買いの利食い売りに下押し、その後押し目買いに反発し下影をつけたもの。(首吊り線) 窓を開けて上昇したものの、引けでは結局小さい陰線となるのをトウバといいます。高値圏でトウバが出た場合は、上げ止まりのサインとなる可能性が出てきます。 ・毛抜き天井



2日連続で同じ高値となった時は高値の行き詰まりを示唆します。 ・毛抜き底